卸問屋街と船場センタービル
中央区 マスコットキャラクター ゆめまるくん

船場センタービルのある船場エリアは、古くから繊維、雑貨、小間物などの問屋街として発展した地域です。第二次世界大戦後は、御堂筋、四つ橋筋、堺筋をはじめとする街路の新設拡張など都市基盤の整備がめまぐるしい勢いで進められました。なかでも船場地域は東西方向の川の流れに沿った恵まれた構造から、御堂筋を中心に南北方向の都市軸を持つ構造へと変容を遂げました。このことで繊維卸売業者が集中していた丼池繊維問屋街も活況を呈し、近畿地方はもとより西日本全域を代表する商業地域になりました。
昭和45(1970)年、大阪万国博覧会の開催に合わせて御堂筋から堺筋を超えて東西にのびた船場センタービルが完成し、船場の新しい顔となりました。
平成27(2015)年には外壁を全面改修、モダンなアルミパネルで外壁を覆いイメージを一新させました。また令和2(2020)年3月には会館50周年を迎え、卸売業のみならず多くの小売店舗が入居し地域を代表するランドマークとなっています。

お隣の心斎橋北商店街と同様に三百数十年前、延宝の頃に文献に出てくるほど古い商店街です。

江戸時代から小間物問屋が集積した問屋街としての歴史を持ち、戦後は衣料品や服飾雑貨を扱う現金問屋街となりました。

平成5(1993)年、丼池問屋街から今の名称にすると共にアーケードを撤廃し象徴的なアーチを新設しました。

長堀に架かる心斎橋が出来た元和8(1622)年には、すでに商店街の役割を果たしていたそうです。
〈昭和後期(年不明)〉

付け替え前のアーケードの様子がうかがえます。
〈昭和後期(年不明)〉

大阪で最初にアーケードが出来ました。
〈昭和後期(年不明)〉

商いのまち船場

江戸時代に多く見られた「丁稚」は、「弟子」がなまったといわれており、小学校を卒業するくらいの年齢でお店に奉公しました。明治時代には、丁稚の前掛けの紐(ひも)の色で何の商売かわかったそうです。例えば、道修町(薬屋)の茶紐、横堀筋(瀬戸物屋)の白紐、本町筋(太物屋、普段の木綿や麻を扱う店)の紺紐、御堂筋(履物屋)の黒紐などです。
丁稚も業種を知ってもらえることで、それを誇りに思い、立派な船場商人が育っていくのでした。

中央区 マスコットキャラクター ゆめまるくん
中央区 マスコットキャラクター ゆめまるくん
A0S05 – 商いのまち船場

A0S01 – 船場のあらまし

大阪の経済の中心『船場』 大坂城築城のために、その働き手が住んだといわれる「船場」。大坂冬の陣のあと、江戸期に入ると、徳川家は大坂城再建と大坂再興に向けて、 …

経済の要 北浜・淀屋橋

A0S03 – 経済の要 北浜・淀屋橋

大大阪時代の経済の中心地『北浜』・『淀屋橋』 江戸時代初期から米市場や金相場会所があり、両替商、米問屋、米仲買が集まる金融の中心地として栄えていました。明治 …

商いのまち船場

A0S05 – 商いのまち船場

卸問屋街と船場センタービル 船場センタービルのある船場エリアは、古くから繊維、雑貨、小間物などの問屋街として発展した地域です。第二次世界大戦後は、御堂筋、四 …

人を育てるまち船場

A0S06 – 人を育てるまち船場

さまざまな分野で活躍する人材を輩出しました 「適塾」は、緒方洪庵が江戸末期の天保9(1837)年に創設した蘭学塾で、福沢諭吉ら明治時代に活躍する名士を育て、 …

伝統芸能・文化の足跡

A0S07 – 伝統芸能・文化の足跡

伝統芸能・文化を育み、歴史を受け継ぐ船場の地 大坂城が築城されたころ、寺社仏閣が多数移転されました。「太閤さん」で有名な豊臣秀吉が大坂城周辺のまちを強固なも …

船場と御堂筋

A0S08 – 船場と御堂筋

まちの成長をけん引するメインストリート 16世紀末、大坂城築城とほぼ同時期に御堂筋周辺の開発が始まり、東西の「通り」と、南北の「筋」による市街地が形成されま …

船場のいま・これから

A0S10 – 船場のいま・これから

未来に向けて、伝統・文化を受け継ぎ、つなぐ。 水運を活かした城下町から商都、そして近代的な都市へと変わってきた船場ですが、近年では都心居住地域としても人気と …