経済の要 北浜・淀屋橋
中央区 マスコットキャラクター ゆめまるくん

江戸時代初期から米市場や金相場会所があり、両替商、米問屋、米仲買が集まる金融の中心地として栄えていました。明治維新後、五代友厚らによって金相場会所跡に大阪株式取引所(現在は大阪取引所)が開設され、北浜周辺は株式取引所を中心に金融街として発展してきました。
大阪証券取引所(現在は大阪取引所)の建物は、平成16(2004)年に高層化、全面改築されましたが、円形エントランスホールと外観は保存されました。いまも北浜のシンボルとして親しまれています。

現在の1丁目で、写真左右が堺筋、正面奥が土佐堀通り。金融の中心地として、証券会社の看板が多く見られます。
〈昭和50(1975)年頃〉

土佐堀通りを中央に市電が走る風景。
写真右に中之島や難波橋が見えます。
〈昭和8(1933)年頃〉

「ライオン橋」の愛称でも親しまれているとおり、橋の欄干にはシンボルのライオン像が見られます。橋上の市電は、当時大坂のメインストリートだった堺筋を走っていました。

令和の現在でも、丸みを帯びた建物の外観は残され、地域のランドマークとして親しまれています。
〈昭和後期(詳細年不明)〉

中央の取引の場を熱心に眺める来館者。
多くの人の装いは、まだ和装。
〈大正4(1915)年頃〉

現「大阪取引所」となる以前の建物。
写真左路上に人力車が見られます。
「明治4(1909)年~明治43(1910)年の写真帖」より。

経済の要 北浜・淀屋橋

北浜という地名は船場の北の浜(河岸)からきています。北浜から淀屋橋にかけての一帯は現在も銀行、証券会社、保険会社が数多くあります。
近年では中央区人口増に伴い、景観や利便性の良い北浜エリアにタワーマンションなどが多く立ち並ぶようになりました。
昔も今も働く人が行き交う船場。立派な建物は、レストランなどに活用され、楽しむまちとして発展しつづけています。

中央区 マスコットキャラクター ゆめまるくん
中央区 マスコットキャラクター ゆめまるくん
A0S03 – 経済の要 北浜・淀屋橋

A0S01 – 船場のあらまし

大阪の経済の中心『船場』 大坂城築城のために、その働き手が住んだといわれる「船場」。大坂冬の陣のあと、江戸期に入ると、徳川家は大坂城再建と大坂再興に向けて、 …

経済の要 北浜・淀屋橋

A0S03 – 経済の要 北浜・淀屋橋

大大阪時代の経済の中心地『北浜』・『淀屋橋』 江戸時代初期から米市場や金相場会所があり、両替商、米問屋、米仲買が集まる金融の中心地として栄えていました。明治 …

商いのまち船場

A0S05 – 商いのまち船場

卸問屋街と船場センタービル 船場センタービルのある船場エリアは、古くから繊維、雑貨、小間物などの問屋街として発展した地域です。第二次世界大戦後は、御堂筋、四 …

人を育てるまち船場

A0S06 – 人を育てるまち船場

さまざまな分野で活躍する人材を輩出しました 「適塾」は、緒方洪庵が江戸末期の天保9(1837)年に創設した蘭学塾で、福沢諭吉ら明治時代に活躍する名士を育て、 …

伝統芸能・文化の足跡

A0S07 – 伝統芸能・文化の足跡

伝統芸能・文化を育み、歴史を受け継ぐ船場の地 大坂城が築城されたころ、寺社仏閣が多数移転されました。「太閤さん」で有名な豊臣秀吉が大坂城周辺のまちを強固なも …

船場と御堂筋

A0S08 – 船場と御堂筋

まちの成長をけん引するメインストリート 16世紀末、大坂城築城とほぼ同時期に御堂筋周辺の開発が始まり、東西の「通り」と、南北の「筋」による市街地が形成されま …

船場のいま・これから

A0S10 – 船場のいま・これから

未来に向けて、伝統・文化を受け継ぎ、つなぐ。 水運を活かした城下町から商都、そして近代的な都市へと変わってきた船場ですが、近年では都心居住地域としても人気と …