日本で最も古い製薬企業発祥の地
中央区 マスコットキャラクター ゆめまるくん

道修町が薬のまちといわれるようになったきっかけは、寛永年間に堺の豪商小西吉右衛門が道修町で薬種商を開いたこととされています。
幕府公認の「道修町薬種中買仲間」が、道修町に集められた諸薬種を検査し適正価格を定めて独占的に全国に供給していました。現在でも道修町界隈には多くの製薬会社や医薬品関連会社が立ち並んでいます。
また、江戸時代からこのあたり一帯は、町の人たちが子弟や丁稚のためにお金を出し合って塾や学校をつくり、商売と勉学を両立させていました。大阪薬科大学や大阪大学薬学部のルーツも道修町にあります。

※手前にみえる和風建築は旧小西家住宅(小西儀助商店)。
近代大阪の町屋を集大成した国の重要文化財です。

薬の神様を祀る少彦名神社では毎年11月22、23日に健康と無病息災を祈ります。

新農祭の飾りがされています。

津田人形店
〈昭和10(1935)年頃〉

〈大正後半〉

江戸後期の広告を兼ねた商店案内書。
〈弘化3(1846)年刊〉

薬のまち 道修町(どしょうまち)

現在、道修町通りには医薬品に関する展示施設が複数あり、それらの施設をつなぐ約300Mの通りを「道修町ミュージアムストリート」と呼ばれており、薬の歴史が学べます。
新農祭は、薬の神や交易の神をまつっている少彦名神社の例祭で、毎年11月に健康増進、商売繫盛を願って行われます。昔から大阪の1年の祭りは正月のえびす祭りで始まり、新農祭で終わるため、「とめの祭り」と言われています。
平成19(2007)年4月には、大阪市無形文化財(民俗行事)に指定されました。

中央区 マスコットキャラクター ゆめまるくん
中央区 マスコットキャラクター ゆめまるくん
A0S04 – 薬のまち 道修町(どしょうまち)

A0S01 – 船場のあらまし

大阪の経済の中心『船場』 大坂城築城のために、その働き手が住んだといわれる「船場」。大坂冬の陣のあと、江戸期に入ると、徳川家は大坂城再建と大坂再興に向けて、 …

経済の要 北浜・淀屋橋

A0S03 – 経済の要 北浜・淀屋橋

大大阪時代の経済の中心地『北浜』・『淀屋橋』 江戸時代初期から米市場や金相場会所があり、両替商、米問屋、米仲買が集まる金融の中心地として栄えていました。明治 …

商いのまち船場

A0S05 – 商いのまち船場

卸問屋街と船場センタービル 船場センタービルのある船場エリアは、古くから繊維、雑貨、小間物などの問屋街として発展した地域です。第二次世界大戦後は、御堂筋、四 …

人を育てるまち船場

A0S06 – 人を育てるまち船場

さまざまな分野で活躍する人材を輩出しました 「適塾」は、緒方洪庵が江戸末期の天保9(1837)年に創設した蘭学塾で、福沢諭吉ら明治時代に活躍する名士を育て、 …

伝統芸能・文化の足跡

A0S07 – 伝統芸能・文化の足跡

伝統芸能・文化を育み、歴史を受け継ぐ船場の地 大坂城が築城されたころ、寺社仏閣が多数移転されました。「太閤さん」で有名な豊臣秀吉が大坂城周辺のまちを強固なも …

船場と御堂筋

A0S08 – 船場と御堂筋

まちの成長をけん引するメインストリート 16世紀末、大坂城築城とほぼ同時期に御堂筋周辺の開発が始まり、東西の「通り」と、南北の「筋」による市街地が形成されま …

船場のいま・これから

A0S10 – 船場のいま・これから

未来に向けて、伝統・文化を受け継ぎ、つなぐ。 水運を活かした城下町から商都、そして近代的な都市へと変わってきた船場ですが、近年では都心居住地域としても人気と …